スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

無添加の意味を考える!世の中『無添加』ブームですが、その意味を理解しておこう!

基本的に『無添加』という言葉には、あまり流されない傾向があります。確かに、育毛シャンプーや育毛剤には、有害成分が配合されていない方がいいのですが、それが『無添加』と結びつくとは思っていないからです。そもそも『無添加』とは、昔の厚生省が定めた『皮膚障害を起こす恐れがある成分(別名『表示指定成分』、103種類くらい)』を配合していないものを『無添加』と呼んでいるに過ぎません。確か皮膚に関するトラブル症例があったものだったはず。このことから分かるように、『無添加』とは、石油成分や化学成分が配合されていないモノではありません。あくまで当時(確か1980年ぐらいまでに)、問題があった成分を定めたに過ぎないわけです。そのため、現在の『無添加』とは、当時定めた『表示指定成分が無添加』なだけで、安全性が確認されていない天然自然成分や、『表示指定成分』ではない化学成分を配合していても無添加商品として販売しているのが現実です!なお無添加というとS-1無添加シャンプー 口コミの評判がいいのですが、サラヴィオ化粧品の無添加は、安全性が高そうな気がします。例えば、『かいわれ』の発芽実験が良い例です。有害成分が含まれていると発芽しないのが普通ですから!その点、S-1無添加シャンプー 効果は高いかなと思ったりします。育毛シャンプー 頭皮ケアで無添加シャンプーを探す場合、ちょっと気をつけたいですね!
スポンサーサイト

タグ : 無添加シャンプー, 表示指定成分,

| 育毛シャンプー | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。