スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

脱毛症の種類!体質による男性と女性の脱毛症の違いや原因!

一般的に脱毛症は、男女の体質の違いによるものと、病的なことによる2つに分けることができるそうです。特に脱毛症というと男性のイメージがありますが、実は女性の脱毛症もかなりあります。

ここでは、男女の体質による脱毛症の種類や原因を探ってみたいと思います。

●男性型脱毛症(AGA)
思春期を過ぎた成人男性の脱毛症のパターンでもっとも多いのがAGAとも呼ばれる男性型脱毛症です。この脱毛症は、テストステロン(男性ホルモンの一種)が原因とされています。

一般的にAGAは、遺伝や加齢が原因とされていますね。ただ遺伝に関しては、あくまでも要素(この場合、薄毛になりやすい体質)を引き継いでいるだけで、実際に薄毛になるとも限らないようです。

なおテストステロンは、特殊な酵素と結びつくとジヒドロテストステロンに変化し、これが脱毛を促進させるそうです。この特殊な酵素が多くあるのが前頭部と頭頂部らしく、AGAの症状(進行具合)は頭頂部や額の生え際などの髪の毛が産毛になって次第に地肌が見えてくるようです。

●びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)
女性の体質的な脱毛症で多いのが『びまん性脱毛症』です。この脱毛症は、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが関係しているといわれています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種ですが、実は女性にもあるらしく、男性と同じメカニズムで脱毛が進行するみたいです。

さらに女性の脱毛症は、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌量が増えて起こるケースや、分娩後・更年期などにもみられるようです。さらに65歳以降(老化)と高齢になることで脱毛が発症するケースもあるようです。
スポンサーサイト

タグ : 男性型脱毛症, AGA, びまん性脱毛症,

| 脱毛症のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。