スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

ダメージヘアにはリンスかトリートメントを使いたいかも!

例えば、ダメージヘアが気になるなら、リンス・コンディショナー・トリートメントのどれかを使いたい!リンスとコンディショナーは、髪表面をコートして作用するものだけど、トリートメントは髪内部に浸透させて作用するもの!毎日使うならリンスかコンディショナーだね!トリートメントは、週1回ぐらいが良いかもしれない!ただ、中にはリンスとコンディショナーのどちらかを毎日使って、週1でコンディショナーを使う方もいるよね!ダメージヘアの改善なら、このやり方もアリかなと思ったりする。ただ、ダメージヘアの場合、最初にダメージ具合を確認しておきたいですね。抜け毛の髪の太さに違いがあるか、抜け毛の毛根がマッチ棒みたいに太くなっているか!さらにブラッシングのし過ぎなどで、キューティクルに損傷があるか、カラーやパーマを頻繁にしているかなどです。このあたりを確認し、リンスやコンディショナーにダメージケア成分配合のものを選ぶか決めるといいですね!あと、できればノンシリコンが良さそうな感じです!
スポンサーサイト

タグ : ダメージヘア,

| 育毛シャンプー | TOP↑

M-1育毛ミストにはS-1無添加シャンプーが相性が良さそう!



以前は、育毛剤と育毛シャンプーを別々の会社のモノを使っていたけど、最近はずっと育毛剤はM-1育毛ミストで、育毛シャンプーはS-1無添加シャンプーを使ってます。同じ会社の方が育毛剤と育毛シャンプーの相性が良さそうな感じはしますが、特にそれを意識しているわけではありません。今まで色んな育毛シャンプーを使ってきましたが、管理人の頭皮にはシンプルなアミノ酸系シャンプーの方が頭皮との相性が良かったためです。

今まで、天然系とか馬油・アルガンオイル・アロマシャンプー・普通のアミノ酸系など使ってきましたが、普通のアミノ酸系の方が頭皮にしっくりくる感じがしたためです。S-1無添加シャンプー 口コミ評価は、そんなに高いわけでもなく、特徴的な育毛シャンプーというわけではありません。シルクアミノ酸こそ配合していますが、普通のアミノ酸シャンプーですからね!

頭皮に低刺激なら天然系が良さそうですが、管理人の頭皮には相性が悪いのです。口コミ評価の高い、ヘアサロンも展開しているところの天然系の育毛シャンプーを使ったことがありますが、頭皮の痒みが残ったり、癖毛がさらに強くなったりと相性が悪かったのです。管理人の頭皮の痒みが気にならなくなったことは、S-1無添加シャンプー 効果ともいえます。

数年かけて色んな育毛シャンプーを使ってきた感想としては、髪トラブル改善に一番必要なのは、逃避と相性の良いシャンプーを探すことです。洗浄成分にアミノ酸系(合成ではなく天然の!)を使えば、抜け毛予防には一定の効果が期待できます。ただ細かい部分で違和感が残ることがあります!頭皮の痒みとかですね!そもそも髪トラブルの原因を突き詰めれば、シャンプーに問題があることが多いようですから!各個人で違うと思いますが、管理人の頭皮にはシンプルな処方のシャンプーの方が相性が良かったわけです。S-1無添加シャンプー 体験談を探しても、そんな特徴的な感想を書いているケースは少ないです。たぶん、あまりに普通すぎるからだと思います。M-1育毛ミストもそうですが、使用感が普通すぎる方が、頭皮に低刺激(優しい)といえますね!

タグ : M-1育毛ミスト, S-1無添加シャンプー,

| 育毛シャンプー | TOP↑

女性の抜け毛予防!冬の頭皮ケアには保湿・潤いがポイント!

乾燥する冬は、髪や頭皮の保湿や潤いに気をつけたいところ!特に女性の場合、乾燥による髪トラブルが多いとも聞きます。抜け毛予防シャンプーを選ぶ場合も、保湿成分配合のものを選びたい!できればコンディショナーを合わせて使いたいが、シャンプーだけで対処するなら、ホホバオイルといった髪に潤いを与える成分などを配合したシャンプーを選んでみるのもいいかもしれません!乾燥肌や敏感肌の方は、冬の乾燥対策には十分注意です!

タグ : 頭皮ケア,

| 育毛シャンプー | TOP↑

無添加の意味を考える!世の中『無添加』ブームですが、その意味を理解しておこう!

基本的に『無添加』という言葉には、あまり流されない傾向があります。確かに、育毛シャンプーや育毛剤には、有害成分が配合されていない方がいいのですが、それが『無添加』と結びつくとは思っていないからです。そもそも『無添加』とは、昔の厚生省が定めた『皮膚障害を起こす恐れがある成分(別名『表示指定成分』、103種類くらい)』を配合していないものを『無添加』と呼んでいるに過ぎません。確か皮膚に関するトラブル症例があったものだったはず。このことから分かるように、『無添加』とは、石油成分や化学成分が配合されていないモノではありません。あくまで当時(確か1980年ぐらいまでに)、問題があった成分を定めたに過ぎないわけです。そのため、現在の『無添加』とは、当時定めた『表示指定成分が無添加』なだけで、安全性が確認されていない天然自然成分や、『表示指定成分』ではない化学成分を配合していても無添加商品として販売しているのが現実です!なお無添加というとS-1無添加シャンプー 口コミの評判がいいのですが、サラヴィオ化粧品の無添加は、安全性が高そうな気がします。例えば、『かいわれ』の発芽実験が良い例です。有害成分が含まれていると発芽しないのが普通ですから!その点、S-1無添加シャンプー 効果は高いかなと思ったりします。育毛シャンプー 頭皮ケアで無添加シャンプーを探す場合、ちょっと気をつけたいですね!

タグ : 無添加シャンプー, 表示指定成分,

| 育毛シャンプー | TOP↑

M1ミストを使うならS1無添加シャンプーを一緒使いたいかも!

M1ミストを使うならS1無添加シャンプーを一緒使いたいかもしれない!やはり同じサラヴィオ化粧品ということもあるけど、相性も良さそうな気がする。特に育毛剤や育毛シャンプーは頭皮との相性があるからね!しかも育毛剤は、副作用の心配もあるし!ミストだから育毛剤とは違うけど、やはり同じブランドで揃えたい気もする!S1無添加シャンプーは、アミノ酸シャンプー 育毛効果も期待できそうだし!数ある育毛シャンプーだけど頭皮ケアにはオススメな感じがする!最近は、馬油シャンプー 効果も注目されているけど、いったいどれがいいのか悩むよね!やはり一度使うに限るのかも!

タグ : 頭皮ケア,

| 育毛シャンプー | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。